大道寺小三郎伝

「どうしていいか、分からない時こそ、チャンスなんだ」
激動の時代を切り拓いた大道寺小三郎の生涯を伝えるストーリー。
目次
  1.ふたりのロシア   4.彷惶
  鉛色の雲間から   戦争の傷跡
  センター長が挨拶   司法試験
  S支店長に番が回ってきた   北洋博覧会
  1927(昭和2)年2月   洞爺丸
    高田屋嘉兵衛
  2.北の大地   5.種をまく人
  大道寺小三郎の父   弘前相互銀行
  函館市で診療所開設   物上代位
  ロシア人の親切   みちのく銀行誕生
  小学生時代   極東ロシア〜死去
  旧制函中時代      
  3.動乱      
  ミッドウェー海戦以降      
  高校1年生の初冬      
  昭和20年の敗戦      
  自治会活動      
←大道寺会HPへ
発行・編纂 大道寺会 著者 丸谷 馨

Copyright(C)KAORU MARUYA All Rights Reserved.